ニードル脱毛とは?痛みがやばい!メリットデメリット

スポンサーリンク
ニードル脱毛とは?痛みがやばい!メリットデメリット業務用脱毛器
スポンサーリンク

脱毛とは、体毛を意図的に除去すること。

美容や身だしなみの視点で行われています。

日本では、ワックス、レーザー、光、ニードルなどさまざまな方法を選択することができます。

脱毛は、男性女性を問わない需要があるサービスです。

今回の記事では、脱毛の種類の中でもニードル脱毛とは?についてご紹介しています。

ニードル脱毛とは?施術の特徴

ニードル脱毛とは?施術の特徴

ニードル脱毛とは、簡単に言えば針に電気を流して、ムダ毛を脱毛する方法です。

文字を読んだだけでもかなり痛みがありそうだと思いませんか?

実際に、レーザー脱毛や光脱毛と比較してもかなり痛いのが最大の特徴です。

痛み以外の比較ポイントについてご紹介します。

ニードル脱毛は効果ない?

ニードル脱毛は効果ない?

ニードル脱毛にもいろいろな種類があります。

簡単に表にしてまとめました。

方法特徴
ショートウェーブ法針を毛穴に挿入し、高周波を流す施術。
毛根部分にダメージを与える
比較的施術時間が短いため、他の方法よりは痛みが少ない。
高周波針脱毛高周波の電気を流す方法。
痛いと言われる代表的な方法。
フラッシュ法とスーパーフラッシュ法という2つがありますが、施術時間が異なります。
絶縁針脱毛針の先端以外は絶縁状態になっているため、肌へのダメージが少ない。
ブレンド法電気分解による熱と水ナトリウムによる施術方法。
電気分解法、フラッシュ法の組み合わせによる施術方法。
電気分解法電流を直接流して毛根を溶かす。
かなりの痛みを伴うだけでなく、人によっては、火傷のリスクも高い施術方法。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛を受けることでメリットなんてあるの?という方にお伝えしたい内容があります。

細い毛や産毛にも効果がある

細い毛や産毛にも効果がある

SHR脱毛やIPL脱毛では、産毛には反応しない、効果が出るのが遅いという声が多い。

しかし、ニードル脱毛は、一つひとつの毛穴に処理を行いますので、効果が出やすいのです。

色黒、日焼け後の肌も施術可能

色黒、日焼け後の肌も施術可能

メラニン色素に反応させる施術ではないため、基本的に色黒だとか肌の色を気にする必要はありません。

日に焼けた方の色素沈着をしている部分については、火傷や脱毛の効果が低くなる可能性がありますが施術は可能です。

スポット脱毛の依頼が可能

スポット脱毛の依頼が可能

あと少しだけ残っている毛が気になる!

なぜか一部だけが残ってしまった。

こんな悩みには、ニードル脱毛は有効です。

一つひとつの毛穴に施術をするということは、残りの数本を依頼したい人にはおすすめです。

その場で毛がなくなる

その場で毛がなくなる

光やレーザー、LEDでも脱毛の施術を受けたらすぐに毛がなくなっているということはありません。

数時間、数日の間にポロポロと抜け落ちていく人もいます。

しかし、ニードル脱毛は施術後に1本単位で毛がなくなって、生えてこなくなる可能性が高いのです。

短期間に終わらせたい

短期間に終わらせたい

何度も痛い思いをしたくない。

1本単位であったとしても当日で施術を終わらせたい。

こんな人にはおすすめです。

毛の色が薄い部分や白髪交じりのような部位でも対象可能です。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリット

一方でデメリットもあります。

かなり痛いです

かなり痛いです

一度お試し体験で経験すればわかると思いますが、かなり痛いです。

個人差があるとはいえ、正直途中でもうやめてくださいと終わりにする人の方が圧倒的に多いほどです。

つまり、相当痛みに強い人でなければ耐えられないです。

完全脱毛まで時間が必要

完全脱毛まで時間が必要

正直施術は、途方もない時間が必要になります。

人間の身体には、全身でおおよそ500万本の毛穴があると言われています。

つまり、500万回の施術に耐えなければいけないのです。

これだけでも途方もないということが伝わると思います。

両脇だけといっても、30分~1時間ですべて終わらせるのは困難です。

費用が高い

費用が高い

ニードルは、かなり高額になります。

医療脱毛が高いと思っている人には、信じられない設定になっていると思ったほうが良いでしょう。

ニードル脱毛をおすすめする人の特徴

ニードル脱毛をおすすめする人の特徴

ではどんな人になら、ニードル脱毛をおすすめできるのかをご紹介します。

残り数本の限定処理を希望する人

残り数本の限定処理を希望する人

基本的には、痛みに耐えることができる人が限定されますが、残りの数本を絶対に耐えてみせるという人であれば、お勧めです。

施術直後からほとんど生えてこなくなったと体感するまで時間がかからないため、満足度は高い方法であるといえます。

ニードル脱毛より痛くない方法を探している方へ

ニードル脱毛より痛くない方法を探している方へ

もうすでに一度ニードル脱毛を経験している人なら、他の施術はどれも痛みが伴わないと言っても過言ではありません。

レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、レーザーを照射することで、メラニン色素が反応し、熱の蓄積によって破壊す脱毛方法です。

医療機関が行う医療レーザー脱毛(医療脱毛)が一般的です。

メリットデメリットや脱毛の仕組みについては、別の記事でご案内しています。

医療レーザー脱毛とは?仕組みや効果,エステ光脱毛との違い

光脱毛

光脱毛

エステサロンや脱毛サロンで行われている方法です。

「IPL脱毛」「SHR脱毛」「SSC脱毛」の中でも、IPL脱毛とSHR脱毛が一般的です。

フラッシュによる照射でメラニン色素にダメージを与える方法です。

医療機関でなくても、効果を実感する人はいます。

それぞれの効果やメリットデメリットなどについては、別の記事でご紹介しています。

IPL脱毛とは?仕組みや効果【メリットデメリット】

SHR脱毛とは?効果の仕組み【メリットデメリット】

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

ニードル脱毛と他の施術方法の比較ポイント

ニードル脱毛と他の施術方法の比較ポイント

私個人の意見としては、二―ドルは最後の選択肢ですね。

医療もサロンもすべて複数回消化してきたけれど、どの機器でも効果が無かった。

こんな人が諦めきれないなら、選ぶことを検討する程度で良いと思います。

事前のカウンセリングでは、適当なことを話すサロンも美容クリニック増えていますので、注意が必要です。

医療脱毛が5回で終わらないのは当たり前?【必要な回数目安と効果】

コメント