脱毛サロン開業で失敗する原因と成功させる準備のポイント

スポンサーリンク
脱毛サロン開業で失敗する原因と成功させる準備のポイントサロン口コミ
スポンサーリンク
  • 脱毛サロンなら無資格の自分でも始められると知って興味を持った
  • 脱毛機とオシャレなお店があれば、お客さんが来てくれるはず。
  • Instagram、Facebook、TwitterなどのSNSで集客をすれば広告は出さなくても来るはず。

こんな考え方で、コロナ前からコロナ禍にかけて脱毛サロンが急激に増えました。

しかし、一方で半年、1年ももたずに廃業、閉店しているお店もたくさんあります。

今回の記事では、脱毛サロン開業後に失敗する原因と成功させるための準備についてご紹介します。

脱毛サロンで開業に失敗する原因

脱毛サロンで開業に失敗する原因

脱毛サロンを開業するのは簡単ですが、利益を生み出すのは簡単ではありません。

早期に閉店、廃業しているお店の特徴をご紹介します。

集客できない

集客できない

圧倒的に多いのは、集客の反応がないという悩み。

【廃業しているお店の共通点】

  • ホットペッパービューティーなどに掲載しているだけで、Webサイトがない
  • SNS発信で、ビフォーアフターと機器のアピールのみ
  • マシンを宣伝して、痛みなし、回数無制限などありきたりなキャッチコピーを使っている。

正直、こんなことをやっているだけでは、ほぼ集客できません。

  • ターゲティング
  • ブランディング
  • MEO対策、SEO対策
  • YouTube戦略

20代から40代という同世代や働き盛りの女性をターゲットにしているから、SNSで呼べばいい。

この考え方は安易すぎるし、甘すぎるというのが現実です。

他にも、料金設定で大手と差別化することだけしか考えず、結果エステティシャンというブランディングにならない内容を誇示するのも効果がありません。

価格設定ミス

価格設定ミス

マシン導入時に1ショット単価という金額を鵜呑みにしたせいで、ジェル、電気代、消耗品費等の費用を全く計算していなかったという事例もありました。

他にも、家賃、水道代、駐車場代、駐輪場代、インターネット回線費用などさまざまな固定費の設計に見落としがあると、たちまち赤字になります。

余剰資金不足

余剰資金不足

開業してから、パートや正社員で人を雇えば、保険料や固定給の支払いが発生します。

集客ができないのに、固定で従業員の給料を支払うしかない状態で、余剰資金が枯渇するケースも多いです。

経営者の知識不足

経営者の知識不足

脱毛サロンを開業するオーナーの中には、異業種に展開することで助成金や補助金が出ることを目的に開業する人もいます。

結果、サロンの経営について全く知識がないことで、対策も改善策も見いだせずに終わってしまっているケースも目立ちます。

脱毛サロンを成功させるポイント

脱毛サロンを成功させるポイント

ではどうすれば、成功させることができるのでしょうか?

脱毛機選定は差別化を意識

脱毛機選定は差別化を意識

サロンで扱える脱毛機は知名度や有名というだけでは、ライバルに勝てません。

2022年から2023年にかけて、医療脱毛でも注目されているのが、LED脱毛機。

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

LED脱毛機購入前の比較注意点

基本的には、従来の光脱毛機よりも効果があるといえる根拠があります。

一方で、コストは、高額なタイプの光脱毛機より安いのが現実です。

ウェブ集客のサポートを受ける

ウェブ集客のサポートを受ける

口コミの信ぴょう性がますます低下しています。

飲食店だけでなく、医療機関、整体、整骨院、鍼灸院、マッサージなどでも店舗の許可が出た内容以外は露出させない設定が可能なサイトも多数あります。

結果的に、いつクーポン配信系のサイトの信頼性が損なわれるかわかりません。

そこで重要なのが、SEO対策、MEO対策、YouTube戦略です。

MEO対策とは、「Map Engine Optimization」の略であり、Googleマップの検索エンジン最適化を意味します。

「地域名+脱毛サロン」というキーワードで、上位に店舗を表示させる施策のこと。

SEO対策とは、「Search Engine Optimization」の略であり、検索エンジン最適化を意味します。

Google検索エンジンで「脱毛サロン ○○市」等と検索をしたユーザー向けに、検索結果上位に表示させるための施策のこと。

YouTube動画では、サロンの情報発信ツールとして、他社との差別化をアピールするだけでなく、提供するネタを厳選して発信することが大切です。

カウンセリングでアップセルは古い

カウンセリングでアップセルは古い

美容皮膚科や美容整形クリニックでも脱毛サロンでもやっていることは同じです。

  • 初回限定
  • モニター割
  • セット割
  • ペア割
  • 学生割
  • 乗り換え割

など安い価格設定で新規の顧客を呼び込む。

来店時に事前のカウンセリングでセット契約を提案する。

こんな流れで、カウンセリング力強化をしようみたいな表現が多い。

しかし、この考え方はもう古いし、ほとんど通用しません。

根拠があります。

脱毛市場ではセット契約を希望するユーザーが減少しているからです。

「都度払い」というキーワードを検索しているユーザーが増えています。

つまり、カウンセリング力よりもアフターフォローやサポート体制強化等が重要になってきているのです。

経営者の質を高める

経営者の質を高める

資金適用のみで、現場任せにしている会社では、従業員は的確な判断ができません。

単にエステティシャンを経験者として雇い入れたところで、経営のノウハウは知りません。

きちんと、集客、人材育成、顧客管理、経費管理などが行えるようにすることが大切です。

開業前の準備でお困りの方へ

開業前の準備でお困りの方へ

脱毛サロンを開業したいけれど実際に何をすればいいのかわからない。

Web集客を少しでも安いところにお願いをしたい。

脱毛機は、差別化できるLED脱毛機の安いところに相談したい。

こんな希望があれば、株式会社ディファレントを推薦します。

株式会社ディファレント公式サイト

このサイトは、アフィリエイトサイトではありません。

医療現場で10年以上Webマーケティングを担当し、集客も内部の人材育成も担当してきた私が中立的な立場で、今これからの脱毛サロン開業に適した機器の探し方をご紹介しています。

コメント