ワキのレーザー脱毛は何回?5回セットが多いヤバい理由

スポンサーリンク
ワキのレーザー脱毛は何回?5回セットが多いヤバい理由医療脱毛
スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • 医療脱毛に興味があるけれど、本当にツルツルになるのかな?
  • 脇脱毛は効果が出るまでに何回くらい必要?
  • 脇のレーザー脱毛は痛いの?

こんな悩みにお答えします。

医療現場で10年以上携わってきたからこそ伝えたい真実を伝えています。

今回の記事では、脇のレーザー脱毛は何回くらい通うのか?という悩みについて解説します。

スポンサーリンク

脇のレーザー脱毛の施術回数目安

脇のレーザー脱毛の施術回数目安

医療脱毛で脇の脱毛の大まかな目安は8回から10回程度の人が多かったです。

自己処理が楽になるのも5回以上

自己処理が楽になるのも5回以上

医療脱毛を開始してから1回~3回ではさほど脱毛する前とあまり変化を感じないという人も多かったです。

しかし、5回目以降になってくると少しずつ以下のような声が増えてきます。

  • 毛質が変わった気がする
  • 伸びるのが遅くなってきた気がする
  • 以前より少し減った気がする
  • 手入れをする時に楽になった気がする

等の感想が施術後の声で聞こえてくることがありました。

もちろん、毛質や毛量、肌の状態などによって個人差があります。

レーザー脱毛の効果の特徴

レーザー脱毛の効果の特徴

医療脱毛の多くが、レーザー脱毛機を採用しています。

レーザー脱毛機の場合には、毛周期の中で、「成長期」の毛のみに反応するのが特徴です。

医療レーザー脱毛とは?仕組みや効果,エステ光脱毛との違い

つまり、レーザーが成長期の毛根に作用して、毛を作る細胞を破壊するという仕組みを利用しているといわれています。

しかし、人間の体毛のうち、成長期に該当するのは、約20%と言われています。

つまり、残りの80%は皮膚の中にありますので、1回~3回程度ではまだ全体の毛周期に対して照射が完了していないのです。

部位別照射回数目安

部位別照射回数目安

一般的に自己処理が楽になるようになるのが、5回以上。

自己処理の不要な部位が出てきたと言われているのが、8回~10回以上です。

脇、VIO、うなじなどの太い毛については、回数が必要です。

【よくある質問】

何回で映えなくなりますか?という質問には、個人差がありますが、8階から10回程度で終わる方が多いですと回答していますが、中には10回20回と栗消しても終わらないという人もいます。

つまり、足りない、終わらないという言葉を使わず、契約させるためのトークをしているクリニックもありますので、注意が必要です。

一方で、脚や腕、背中、臀部などの細い毛や産毛が多いエリアについては、8回以上で効果を実感する人もいます。

医療レーザーに通う方の中には、以前に脱毛サロンで施術を受けた経験者が多いです。

つまり、全く初めての状態の人の平均というよりも施術経験者も含めた平均値であると思っておいた方が良いでしょう。

医療脱毛でも効果がない時の対処法

医療脱毛でも効果がない時の対処法

初めての脱毛を医療機関(美容外科系クリニック)で依頼したのに、施術回数を消化しても結果が出ない。

普通に生えてくるという人もいます。

医療脱毛はぶっちゃけ効果ある?何回で終わる?【現場経験者が解説】

では効かない人の特徴を見ていきましょう。

毛周期のサイクルに合わせていない

毛周期のサイクルに合わせていない

通いたい放題とか最短1ヶ月というスケジュールを聞いて、とにかく頻回に通ったほうがお得だと思っている人は多いです。

しかし、現実は先ほどもお伝えしたように、毛周期に合わせて照射をしなければ本来の効果が発揮されないまま終わってしまいます。

よって、種類と毛周期などの条件も必ず確認するようにしましょう。

日焼け等の肌トラブル

日焼け等の肌トラブル

脱毛で通う期間にも自己メンテナンスは必須です。

医療脱毛後の自己処理はいつから?抜ける時期の目安や注意点

特に、日焼けによるダメージや肌が乾燥した状態も好ましくありませんし、人によっては施術を断られてしまうこともあります。

他にも肌荒れを起こして赤くなっているような人の場合も出力を下げなければいけないことがあります。

つまり、肌トラブルを引き起こさないように毎日保湿のクリームなどをつけるケアを続ける必要があります。

レーザーの種類と痛みの違い

レーザーの種類と痛みの違い

脱毛サロンを経験している人にとっては、脱毛は痛くないものと思っている人も多いですが、医療レーザーは違います。

ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーなどの種類がありますが、いずれも痛いです。

特にVIOや顔など骨に近い部分の施術はかなり痛いという人もいます。

脱毛機の種類には、他にも蓄熱式と熱破壊式があります。

蓄熱式脱毛器と熱破壊式脱毛器の違い【サロンと医療脱毛比較】

医療脱毛と脱毛サロンの比較ポイント

医療脱毛と脱毛サロンの比較ポイント

医療脱毛の施術回数も決して早いとはいえません。

5回セットの落とし穴

5回セットの落とし穴

光脱毛の仕組みやレーザー脱毛の仕組みを脱毛機を販売している会社が案内している記事も多くなりました。

中身を見ると、バルジ領域にダメージを与えるとか毛根にまで届く波長を使っているという機器も多くなりました。

しかし、結果的には医療よりもサロンに足を運ぶ人が多いのです。

その結果、脱毛サロンの経験者が多いなら、施術回数の少ないセットプランを出して安く見せようとするクリニックも出てきました。

結果的には、5回では終わらないため、追加の施術費用でまたさらにセットを組ませるというトークもあります。

医療脱毛が5回で終わらないのは当たり前?【必要な回数目安と効果】

スポンサーリンク

コメント