SSC脱毛とは?仕組みの特徴や効果【メリットデメリット】

スポンサーリンク
SSC脱毛とは?仕組みの特徴や効果【メリットデメリット】業務用脱毛器
スポンサーリンク

SSCとは、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントール)の略であり、ジェルに含まれる抑毛成分と光の相互作業を利用します。

脱毛サロンや医療脱毛を探す時、脱毛の種類を比較する人は増えています。

脱毛の種類関連記事。

ヤグレーザー脱毛は効果より痛みが!仕組みや特徴

ヤグレーザー脱毛の効果や特徴【VIOは痛い!】

IPL脱毛とは?仕組みや効果【メリットデメリット】

IPL脱毛とは?仕組みや効果【メリットデメリット】

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

ニードル脱毛とは?痛みがやばい!メリットデメリット

ニードル脱毛とは?痛みがやばい!メリットデメリット

ニードル脱毛おすすめのクリニック【効果なし?サロンと医療脱毛の違い】

ニードル脱毛おすすめのクリニック【効果なし?サロンと医療脱毛の違い】

今回の記事では、SSC脱毛の仕組みや効果、メリットデメリットについてわかりやすく解説します。

SSC脱毛とは?仕組みの特徴

SSC脱毛とは?仕組みの特徴

SSC脱毛の仕組みの特徴についてご紹介します。

SSC脱毛の特徴

SSC脱毛の特徴

SSC脱毛は、ジェルと光の相互作用による制毛を行う脱毛方式です。

ジェルには、以下のような成分が配合されています。

  • 尿素
  • サリチル酸
  • セイヨウシロヤナギエキス
  • フィリニーブ

SSC脱毛の仕組み

SSC脱毛の仕組み

ジェルを塗布して、光を当てて毛穴の中にフィリニーブの効果で制毛する。

従来の脱毛機との違いは、毛乳頭や皮脂腺にダメージを与えないこと。

肌の構造に影響を与えない状態で制毛効果を得る脱毛法であること。

SSC脱毛のメリットデメリット

SSC脱毛のメリットデメリット

メリットデメリットについて解説します。

メリット

メリット
  • 肌へのダメージが抑えられる
  • 美肌効果が期待できる
  • 肌が弱い人でも施術が可能
  • 痛みが少ない
  • フェイシャルやバストにも利用可能
  • 産毛にも反応する

肌のダメージが気になる方にとっては、最初に選ぶ脱毛方法としてもおすすめです。

デメリット

デメリット
  • ジェルが必須になる
  • 即効性はない(医療脱毛と比較した場合)
  • 効果を実感するには、複数回の施術が必要である(一般で気にどの方法でも同じです)

SSC脱毛が可能な施術部位

SSC脱毛が可能な施術部位

SSC脱毛は、基本的にどの部位でも施術が可能です。

キッズ脱毛で痛みに弱い、怖いというお子様でも施術が可能です。

SSC脱毛の効果(口コミ)

SSC脱毛の効果(口コミ)

お金払う意味ある?

確かに、内容を見ると、似たような成分が配合されているジェルを購入して、温めるだけで制毛できるというイメージを持つ人もいるはずです。

全身にジェルを塗るのは、他の業務用脱毛機でも似ているので抵抗がないかもしれませんが、毛根や毛包、毛母細胞、バルジ領域にダメージを与えるわけでもないという考え方はまだまだ浸透するまでに時間がかかりそうな気がします。

脱毛方法に迷った時の選び方

脱毛方法に迷った時の選び方

脱毛方法によっているなら、まずはお試し体験でいろいろ経験することをおすすめします。

お試し体験で重要なのは効果ではありません。

お試し体験の確認ポイント

お試し体験の確認ポイント

基本的には、以下の点を確認しましょう。

  • 施術後の痛み
  • 赤み、腫れなどの肌のダメージとダウンタイム
  • 毛嚢炎等の皮膚トラブルの有無
  • ほくろやシミ、色素沈着などの変化

など、肌に合うか合わないかを確認するようにしましょう。

その上で、自分が施術方法で最も楽だった方法を選ぶと通いやすくなると思います。

コメント