ヒゲはLED脱毛で効果があるの?【仕組みや他との違い】

スポンサーリンク
ヒゲはLED脱毛で効果があるの?【仕組みや他との違い】業務用脱毛器
スポンサーリンク
  • 脱毛サロンの光脱毛を経験したけれど、効果なし(効かない)
  • 医療脱毛は痛すぎて諦めた
  • LED脱毛という方法を見つけたけれど、メンズのヒゲ脱毛には効果があるのか知りたい

こんな悩みが増えています。

LED脱毛関連記事。

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

業務用脱毛機LED脱毛機おすすめ商品2023

業務用脱毛機LED脱毛機おすすめ商品2023

LED脱毛機購入前の比較注意点

LED脱毛機購入前の比較注意点

LED脱毛器EDFEEⅡの費用は高い!国内おすすめ比較商品

LED脱毛器EDFEEⅡの費用は高い!国内おすすめ比較商品

今回の記事では、LED脱毛機とメンズヒゲ脱毛の相性についてご紹介します。

LED脱毛の仕組み

LEDとは

LED脱毛を知るためには、LEDの仕組みからご紹介してきます。

LEDの特徴

LEDの特徴

LEDとは、Light Emitting Diodeの頭文字をとった略語であり、日本語に訳すと光る半導体という意味になります。

特徴は、5つあります。

  1. 寿命が長い(1日10時間使用でも定格寿命40,000時間の場合、10年使用可能)
  2. 人には見えない紫外線や赤外線を含んでいない
  3. 少ない電力で明るい点灯が可能である
  4. 低温の環境下でも瞬時に点灯が可能。
  5. 環境負荷物質となる水銀や鉛を含まない

などがあります。

LED脱毛とは

LED脱毛とは

LED脱毛機はまだまだ少ないです。

LED脱毛機は、光源を低コストで照射することが可能になりました。

業務用脱毛機で使用されるのは光脱毛が一般的ですので、他社との差別化もしやすい商品となります。

LED脱毛と光脱毛の違い

LED脱毛と光脱毛の違い
脱毛機の種類特徴
光脱毛機キセノンランプというフラッシュ式の脱毛機
メラニン色素の薄い産毛や白髪に反応しにくい
メラニン色素に反応させるため、多少の痛みを伴う
LED脱毛機メラニン色素の薄い産毛や白髪にも使える
介護に向けたVIO脱毛、産毛の多い背中やうなじの脱毛にも使いやすい
メラニン色素に反応させるわけではないため、日焼けした肌や肌の色の濃い人にも使いやすい

LED脱毛の種類

LED脱毛の種類

脱毛には、ダイオード、光、レーザーの3つの種類があります。

医療脱毛では上記の3つすべてを使っています。

LED脱毛の基本的理論は、IPL脱毛やSHR脱毛といった光脱毛と同じ理論です。

【IPL脱毛の強みと弱み】

IPL脱毛とは、「インテンス・パルス・ライト」を使用しています。

メラニン色素に反応する

毛を弱らせて目立たなくさせる

等の特徴があり、脇やVIOなどの濃い太い毛に反応しやすいため、メンズ脱毛やVIO専門サロンにも選ばれています。

しかし、キセノンランプは、メラニン色素に反応しやすいため、産毛や白髪に反応しにくいのが特徴です。

IPL脱毛とは?仕組みや効果【メリットデメリット】

【SHR脱毛の強みと弱み】

波長の短い光を肌に照射して、熱を毛根に蓄積させる方法。

「バルジ領域」にアプローチするのが特徴。

徐々に毛を目立たなくするのが効果となります。

メラニン色素は関係なく、白髪や産毛、肌の色の濃い人にも照射が可能です。

波長が弱いため、痛みが少ないのも選ばれる理由の一つになっています。

しかし、照射パワーは劣るため、照射に必要な時間がかかるのが弱点です。

短時間で施術を完了させたい方には注意が必要です。

SHR脱毛とは?効果の仕組み【メリットデメリット】

メンズひげ脱毛とLEDの相性

メンズひげ脱毛とLEDの相性

毛が生える仕組み

毛が生える仕組み

皮膚の下には、毛根や毛乳頭、毛包、バルジ領域などがあります。

毛乳頭が毛細血管から栄養を補充し、毛を作り上げて成長させます。

自然に抜けるまでに、成長期、退行期、休止期というヘアサイクルを繰り返しながら、毛は、生え代わりを繰り返します。

LED脱毛との相性

LED脱毛との相性

LED脱毛機から出る波長は、黒い色に反応させて熱を発生させています。

皮膚表面に光を当てることで、黒い毛にLEDの熱が発生します。

子のダメージが、バルジ領域をはじめ、毛根や毛母細胞などにダメージを与えているのが、即身になります。

これまでのSHR脱毛では、バルジ領域のみがターゲットになっていましたし、IPL脱毛では、毛根や毛母細胞にターゲットが集中していました。

しかし、LED脱毛になってからは、焦点が絞られることで、より狭い範囲で、熱は分散せずに、深い層にまで届くのが特徴です。

しかし、光脱毛ですから、レーザーのような高出力にならず、肌へのダメージが少ないことはメリットになります。

ひげ脱毛に必要な回数

ひげ脱毛に必要な回数

ヒゲ、VIO、ワキなど太い濃い毛がある部分にも、必ず毛周期があります。

毛周期には、3つの段階があります。

段階特徴
成長期毛乳頭が新しい毛を作り出して、成長する期間
体毛全体の20%程度しかありません。
退行期毛乳頭の活動が衰えて、毛乳頭から毛が離れて抜けていく期間
体毛全体の10%前後。
休止期毛が抜けた後に、毛乳頭が休息する期間
体毛全体の70%~80%

つまり、3つのサイクルに対して、適切なタイミングを選ばなければいけないのが、従来の脱毛機でした。

SHRは、バルジ領域にダメージを与える仕組みなので、いつのタイミングで照射しても効果が期待されていました。

IPLは、成長期の毛にしか効かないため、2,3ヶ月に1回の頻度で行うことが適切とされていました。

LED脱毛は、毛乳頭とバルジ領域にダメージを与えることができるため、時期を問わず、繰り返し照射が可能です。

いくらLED脱毛でも、休止期の毛に対してはなかなか効果を発揮することができません。

つまり、回数を重ねていくことで、効果を発揮します。

大まかな目安としてゃ、10回以上となります。

自己処理はしない方が良い

自己処理はしない方が良い

脱毛に通う際には、施術後には自己処理に注意が必要です。

医療脱毛後の自己処理はいつから?抜ける時期の目安や注意点

ひげ脱毛後の自己処理の種類と注意点

ひげ脱毛後の自己処理の種類と注意点
自己処理の方法注意点
T字髭剃りひげ剃りの一般的な方法の一つ。
剃刃によって、黒ずみ乾燥、炎症の原因になることもあります。
処理した後でも2日程度で生えてくるのが一般的です。
毛抜きほくろや乳輪など、ちょっとした毛が気になる時に処理をする時に使う人は多い。
埋没毛や毛嚢炎の原因になることもあります。
毛穴が広がってしまうことで、雑菌が侵入し、炎症を起こしやすくします。
除毛クリーム、ジェル、除毛器などがあります。
毛抜きと同様に、埋没毛や毛嚢炎の原因になることもあります。
毛の向きがバラバラになってしまうこともあります。
ワックス脱毛肌に合わない場合には、かぶれや炎症を起こすこともあります。

つまり、処理をするなら、電気シェーバー等を軽く当てる程度のほうがおすすめです。

LED、ひかり、レーザーの比較ポイント

LED、ひかり、レーザーの比較ポイント

結果的に、どれが一番効果があるの?

こんな悩みを抱えている方に選び方をご紹介します。

メリットデメリットの比較

メリットデメリットの比較

光でもレーザーでも回数を重ねる必要があります。

特にひげ脱毛で厄介なのは、次のようなデメリットです。

  • 痛みの違い
  • 硬毛化や火傷、炎症のリスク
  • 日焼けによる色素沈着などの肌へのダメージ
  • 日焼け止めを使い続ける必要性
  • 膨大な費用が掛かる医療レーザー脱毛やニードル脱毛

など費用、経過、痛みという3つを比較することが大切です。

医療脱毛後の自己処理はいつから?抜ける時期の目安や注意点

医療脱毛はぶっちゃけ効果ある?何回で終わる?【現場経験者が解説】

ニードル脱毛おすすめのクリニック【効果なし?サロンと医療脱毛の違い】

医療脱毛について、現場で10年以上携わってきた私からすれば、レーザーで行う痛みや硬毛化のリスクを考えると、LED脱毛で回数を重ねた方が肌トラブルが少ないと思います。

コメント