中学生でも脱毛に通うべき?また生えてくる可能性は?

スポンサーリンク
中学生でも脱毛に通うべき?また生えてくる可能性は?コンプレックス
スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • ムダ毛が気になる!
  • 中学生でも脱毛サロンに通う子はいるの?
  • 今から脱毛サロンに通ってもまた生えてくるって本当?

こんなことを気にしているのは、あなただけではありません。

今回の記事では、ムダ毛が気になる中学生が脱毛サロンに通うべきか?という内容について解説します。

スポンサーリンク

ムダ毛とは?

ムダ毛とは?

ムダ毛とは、生えてほしくない部位に生えている毛のこと。

女性の場合、顔、腕、ワキ、脚などが一般的で、男性の場合には、ヒゲ、胸毛、すね毛、ワキなどを気にする人もいます。

男性女性問わず、美容上、毛がないほうが良いという人は、体毛の多くをムダ毛と考える人もいます。

肌が露出しやすいうなじや太もも、ヒップなどを気にする人もいます。

ムダ毛の処理はするべき?

ムダ毛の処理はするべき?

ムダ毛の処理は必ずしなければいけないということではありません。

生えているのは、自然の流れですから、放置する人もいます。

むしろ、カミソリなどを使うことで、肌が荒れたり、傷つくことを心配する人もいます。

しかし、ファッションでアクセサリー等を身に付ける際にも引っかかったり、すき間から毛が見えることを気にする人もいます。

VIOを脱毛する人の悩み

VIOを脱毛する人の悩み

VIOを脱毛したい人の悩みはいろいろあります。

  • 嫌なニオイが気になる
  • 見た目が気になる
  • 蒸れが気になる
  • 衛生面が気になる
  • 肌のトーンが一気に暗く見えるのが嫌

など人によって、とらえ方はいろいろあります。

手も足も甲や指まで綺麗にしていないと気が済まないという人がいるように、普段他人から見えない部位だからこそ、気になるという人もいます。

中学生でムダ毛の処理は普通?

中学生でムダ毛の処理は普通?

正直、ムダ毛を処理する人の割合という数字は当てになりません。

アンケート調査結果というのも、全国の平均とは言い切れません。

中学生では、まだまだ刃物を自分で使いたくないという人も多いです。

結果的に、ダンス、バレエ、水泳など着衣とムダ毛で擦れて痛いなど具体的な悩みを抱えている人が脱毛をしている傾向があります。

ムダ毛が気になる部位はどこ?

ムダ毛が気になる部位はどこ?

特に中学生、高校生の10代が気にする部位は、ワキ、脚、腕が多いです。

なぜなら、制服や運動着、普段使いの衣類でも半そでになった時に露出されやすい部位だからです。

秋冬になると他人の目線が気になる季節の前になんとかしておきたいという悩みの相談が多くなります。

中学生のムダ毛処理方法

中学生のムダ毛処理方法

中学生が自分の家で簡単にできる自己処理方法をご紹介します。

カミソリを使用する

カミソリを使用する

一般的には、ドラッグストア等でカミソリやボディ用のシェーバーを購入して手入れをする人が多いです。

ムダ毛の処理として、お風呂等で手入れをする人が多いです。

一度剃毛してから、2,3日でチクチクするのが気になるからとまた剃ってしまう人もいますが、あまりおすすめしません。

頻回に手入れをすることで、肌表面の角質も削り取ってしまうことになります。

肌表面の角質がなくなると、乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌になった皮膚を守るために皮脂が分泌されたり、肌を守るために体毛が増える可能性もあります。

除毛クリーム

除毛クリーム

除毛クリームを使うのは、脚や腕等の範囲が広い部位です。

除毛クリームとは、塗布した部分の毛を溶かすことでムダ毛を処理するアイテムのことです。

除毛クリームには、「チオグリコール酸カルシウム」が含まれているため、毛のたんぱく質を溶かす効果が期待されています。

しかし、肌にも付着するため、肌表面のたんぱく質を破壊してしまうリスクもあります。

結果的には、肌荒れやかゆみ、赤みなど皮膚トラブルにつながる可能性もありますので注意が必要です。

毛抜きで抜く

毛抜きで抜く

中学生高校生の頃には、眉毛等顔の産毛を毛抜きで抜いている人は多いです。

毛根から抜くため、効果は除毛クリームよりは長持ちします。

しかし、毛抜きにもデメリットがあります。

埋没毛や毛嚢炎になってしまう人がいます。

埋没毛とは、皮膚の表面に埋もれてしまった毛のことです。

毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分に起こる炎症のことです。

いずれも皮膚表面を傷付けてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

小さな傷から細菌が感染することも珍しい話しではありません。

周囲が赤くなって膿を持った発疹になると、1ヶ所でもかなり見た目で目立ちます。

家庭用脱毛機

家庭用脱毛機

家庭用脱毛機として知られているのが、ブラウンやケノンなどの光脱毛器。

自分の好きな時に脱毛ができるのがメリットです。

しかし、手の届く範囲にしか行えないため、親御様や姉妹等に協力してもらう必要がある部位もあります。

電気シェーバー

電気シェーバー

男性のヒゲ以外にも電気シェーバーがあります。

電気シャーバーの場合、一定の深さで整えてくれるのがメリットです。

顔、ボディ、Vラインなどそれぞれの部位ごとに種類が異なるため、それぞれの商品を購入するとコストがかかります。

脱毛サロンや医療脱毛

脱毛サロンや医療脱毛

進学前や卒業シーズンになると、学生が親と一緒に脱毛サロンや美容皮膚科、美容外科等のクリニックに足を運ぶケースが増えます。

実際に、親に受験に合格をしたらお祝いで脱毛に通わせてほしいとお願いをしている子もいます。

しかし、未成年者の場合、自分一人で契約をすることができません。

未成年の場合、脱毛を検討しても親権者の同意が必要なため、ハードルが高くなります。

よって、親御さんと事前に相談しておくことも大切です。

中学生で脱毛サロンに通うメリットデメリット

中学生で脱毛サロンに通うメリットデメリット

中学生が脱毛サロンに通うのは普通のこと?

メリットデメリットを順にご紹介します。

メリット

メリット
  • ムダ毛の自己処理の手間が減る
  • 学割が使える店がある
  • 親子でペア割なども利用可能
  • 新年度までにある程度の回数を消化することが可能

勉強や習い事に集中できるようになったとか、無駄な時間を使わなくなったことで他のことができる時間が増えたという人もいます。

デメリット

デメリット
  • 親に相談をしなければいけない
  • 日焼け等を控える(生活習慣の見直し)
  • お金がかかる

などがあります。

中学生は脱毛サロンと医療脱毛どっちが良い?

中学生は脱毛サロンと医療脱毛どっちが良い?

ミュゼやストラッシュ、恋肌、脱毛ラボなどの脱毛サロンが安くていいかも!

永久脱毛って書いてあるから、医療脱毛の方が効果があるの?

こんな悩みを抱えている人は社会人でも学生でもたくさんいます。

どちらでも回数を重ねることで一定の効果は期待できます。

痛みが少ないのは光脱毛

痛みが少ないのは光脱毛
  • 乾燥肌が気になる
  • 肌が弱い方だと思う
  • 痛みに弱い

こんな悩みがあれば、まずは肌に優しい光脱毛がオススメです。

光脱毛にはいくつか種類があります。

IPL脱毛とは?仕組みや効果【メリットデメリット】

SSC脱毛とは?仕組みの特徴や効果【メリットデメリット】

蓄熱式脱毛器と熱破壊式脱毛器の違い【サロンと医療脱毛比較】

LED脱毛とは?仕組みやメリットデメリット

などがあります。

アフターケアの手間やトラブル

アフターケアの手間やトラブル

医療脱毛のほうが出力が強い。

しかし、出力の大きさ=効果があるではありません。

肌が赤くなったり、毛嚢炎になったりする人もいますし、硬毛化という症状に悩まされている人もいます。

永久脱毛で後悔することとは?デメリットが多い現実【現場経験者が解説】

つまり、肌のトラブルを防ぐためには、保湿による保護を徹底している脱毛サロンで依頼したほうが、トラブルがおきにくいという一面もあります。

私自身もヒゲ脱毛を10回以上も経験していますが、毎回毛嚢炎に悩まされ、数日はマスクなしではいられない状態になってしまったのを覚えています。

痛みはありますし、赤みも数日経たないと元に戻らないため、かなりつらい思いをしてきました。

自分の周りにはまず脱毛サロンに通って、15~18回通って効果がないと思ったらクリニックに都度払いで相談。

これが簡単な方法だと伝えています。

スポンサーリンク

コメント